Paperback ´ ボッコちゃん Epub Ô

Recueil de micronouvelles d'un auteur japonais prolifique et visiblement connu pour cet exercice au Japon, où il a raflé foultitude de prix pour son travail.Cet ouvrage compte en effet la bagatelle de 50 nouvelles pour à peine 300 pages, ce qui situe la moyenne des textes autour de six pages.On s'en doute, sur une telle quantité de textes, la qualité est fluctuante, allant du vraiment très bon au mouaif, en passant par toutes les étapes intermédiaires Alors je précise tout de même que les textes mouaif sont ultra minoritaires (sans doute pas plus de 34 sur l'ensemble de l'ouvrage), et que l'ensemble plaisant à lire.Toutefois, je recommande plutôt de picorer dans ce livre plutôt que de s'immerger dedans je pense que la saveur en sortira sublimé je n'ai pas procédé comme cela (du moins au début), et certains textes, au thématiques déjà croisées (car Shinichi Hoshi a quelque gimmick d'écriture qui reviennent régulièrement, comme sa fascination apparente pour les cambriolages et les chambres closes, par exemple) perdent en impact puisqu'on se dit : tiens, encore une histoire de cambriolage (pour reprendre un exemple précédemment cité).Le mélange de textes est en tout cas très varié, avec de la SF pure et dure, du polar noir, du fantastique à l'ancienne (j'ai pensé une paire de fois à Poe ou Maupassant par exemple).Belle initiative en tout cas que la publication de textes nippons, une littérature peu représentée dans nos contrées, particulièrement dans les littératures de genre. 「ボッコちゃん」は私がまだ読書に不慣れだった頃、母に進められて読んだ作品でした。いま思い返せば「ボッコちゃん」は自分を本好きへと変えた一冊ではないかと思えます。どのショートショート作品をとっても全て巧妙に書かれており、タイトル作品はもちろん「追い越し」や「殺し屋ですのよ」は子供ながら完全にハマってしまった覚えがあります笑。そんな「ボッコちゃん」のシュールでどことなく不気味な世界観は、何度訪れてもまるで初めて触れたかのような斬新さがあり、きっとこれから先も自分の中で不朽の名作として残ると思います。SFの神様、星新一による必読の作品です。 One of the most imaginative, funny and thoroughly enjoyable books I have ever read, this collection of short stories by Shinichi Hoshi is amazing from beginning to end Even if there are 50 short stories within the collection, once you start reading, you won't be able to stop Some stories are funny, some full of surprises, some with a great twist at the end, and all, but all of them, a demonstration of one of the greatest imaginative powers ever.Hoshi had an imagination for the ages It is a thing of wonder to read his stories From the aliens that come to Earth and make a promise to some random children to make adults stop lying, to a couple that catch a demon, to the woman who offers her services as a killer for hire, to the earthlings that go around the universe selling things from the sponsors that helped build their spacecraft The book is surprising story after surprising story And it is not only the amazing imagination, it is also the critique on humanity and society or war and the tongueincheek humor that suffuses all of his stories.It is all a little bit (very, very much) silly, which may not be for all tastes, but if you like sciencefiction (and fantasy/mystery) with little science, but lots of imagination, humor and surprises, this book is for you One thing is for sure: I'll try to readbooks from Hoshichan.8.5/10(Original Japanese Version) Une de mes découvertes littéraires de l'année 2020, et un énorme coup de coeur L'originalité de ces nouvelles tient d'une part dans leur format très court, à peine quelques pages (46 en général), et d'autre part par leur chute toujours inattendue Les nouvelles s'enchaînent dans des univers différents, tantôt contemporaines, SF ou dystopiques ; elles sont parfois grinçantes, parfois drôles, parfois glaçantes, ou font réfléchir J'ai aimé comme dans certaines nouvelles, la chute dans les dernières lignes fait revoir toute la nouvelle sous un jour nouveau, voire dévoile le vrai thème de la nouvelle, comme c'est le cas dans la première, Hé ho, sors de là ! Bref, j'ai passé un très bon moment à la lecture de ce recueil et ai beaucoup aimé l'immense majorité des nouvelles Shinichi Hoshi est un excellent auteur, j'espère que d'autres de ses ouvrages seront traduits en Français. Best Book, ボッコちゃん author 星新一 This is very good and becomes the main topic to read, the readers are very takjup and always take inspiration from the contents of the book ボッコちゃん, essay by 星新一 Is now on our website and you can download it by register what are you waiting for? Please read and make a refission for you 世の中に、ひとに訓戒をたれるぐらい気持ちのいいことはない。「おみやげ」 (文部省検定済教科書 小学校国語科用「国語 五上 銀河」より)フロル星人たちの乗った一台の宇宙船は、星々の旅を続けるとちゅう、ちょっと地球へも立ち寄った。しかし、人類と会うことはできなかった。なぜなら、人類が出現するよりずっと昔のことだったのだ。フロル星人たちは宇宙船を着陸させ、ひと通りの調査をしてから、こんな意味のことを話し合った。「どうやら、わたしたちのやって来るのが、早すぎたようですね。この星には、まだ、文明らしきものはありません。最も知能のある生物といったら、サルぐらいのものです。もっと、進化したものが現れるには、しばらく年月がかかります。」「そうか。それは残念だな。文明をもたらそうと思って立ち寄ったのに。しかし、このまま引き上げるのも心残りだ。」「どうしましょうか。」「おみやげを残して帰るとしよう。」フロル星人たちは、その作業にとりかかった。金属製の大きなタマゴ形の容器を作り、その中にいろいろの物を入れたのだ。簡単に宇宙を飛び回れるロケットの設計図。あらゆる病気を治し、若がえることのできる薬に作り方。みなが平和にくらすにはどうしたらいいかを書いた本。さらに、文字が通じないといけないので、絵入りの辞書をも加えた。「作業は終わりました。将来、住民たちがこれを発見したら、どんなに喜ぶことでしょう。」「ああ、もちろんだとも。」「しかし、早く開けすぎて、価値のある物ともしらずにすててしまうことはないでしょうか。」「これは、じょうぶな金属でできている。これを開けられるぐらいに文明が進んでいれば、書いてあることを理解できるはずだ。」「そうですね、ところで、これをどこに残しましょう。」「海岸ちかくでは、津波にさらわれて海の底に沈んでしまう。山の上では、噴火したりするといけない。それらの心配のない、なるべくかんそうした場所がいいだろう。」フロル星人たちは、海からも山からもはなれた、さばくの広がっている地方を選び、そこに置いて飛び立っていった。砂の上に残された大きな銀色のタマゴは、昼間は太陽を反射して強く光り、夜には月や星の光を受けて静かにかがやいていた。開けられるときを待ちながら。長い長い年月がたっていった。地球も動物たちも少しづつ進化し、サルの仲間の中から道具や火を使う種族、つまり人類が現れてきた。なかには、これを見付けた者があったかもしれない。だが、気味悪がって近寄ろうとはしなかったろうし、近づいたところで、正体を知ることはできなかったにちがいない。銀色のタマゴは、ずっと待ち続けていた。砂漠地方なので、めったに雨は降らなかった。もっとも、雨でぬれてもさびることのない金属でできていた。時どき強い風がふいた。風は砂を飛ばし、タマゴをうめたりもした。しかし、うめっぱなしでもなかった。別な風によって、地上に現れることもある。これが何度となく繰り返されていたのだった。また、長い長い年月が過ぎていった。人間たちは、しだいに数が増え、文明も高くなってきた。そして、ついに、金属製のタマゴのわれる日がきた。しかし、砂の中から発見され、喜びの声とともに開かれたのではなかった。下にそんな物がうまっているとは少しも気づかず、そのさばくで核兵器の実験が行われたのだ。その爆発はすごかった。容器の外側の金属ばかりでなく、なかにつめてあった物まで、すべてをこなごなにし、あとかたもなく焼きつくしてまったのだ。 I love this book! As both a person who likes both Japanese and scifi, this book has been a great boon One thing that makes this an appealing book to a Japanese learner is the short story format The stories are whimsical and full of fun sciencey things like robots, magic pills, and outer space rescue Bokkochan is definitely accessible to those learning Japanese Most importantly, I enjoy the themes and humanity found in each of the stories. これは自選短編集。ショートショートの50編が入っている。多様性のある収録でまあまあ面白い。でも、それより、星新一さんの発想力と想像力に感心する。星新一さん自身が選んだショーとショートなので、星新一という作家そのものを仕上げた形と言える。 星新一のショートショート50編。宇宙に関する話が多い。さらっと読めるけど、記憶に残るほどのインパクトがある話はあまり無い。話の内容を楽しむより、星新一の発想力に感心するために読むならオススメ。 ボッコちゃん


About the Author: 星新一

Wrote over 1001 short stories.


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back To Top